精麦事業・飼料製造事業・麦製品開発及び販売を行う西田精麦株式会社
西田精麦株式会社

会社案内

会社概要

商号西田精麦株式会社 Nishida barley processing Co.Ltd
代表者会長:西田伸蔵  社長:西田啓吾
創業昭和4年10月
設立昭和48年3月
資本金3,000万円 (決算期・年1回4月)
従業員数59名(平成26年4月現在)
所在地本社:〒866-0034 熊本県八代市新港町2丁目3番地4号
工場:同上
低温倉庫:同上
ふとうサイロ:〒866-0034 熊本県八代市新港町3丁目12
取引銀行肥後銀行 八代支店
日本政策金融公庫 中小企業事業
農林中金 熊本支店
商工中金 熊本支店
系列法人株式会社 伸誠産業
株式会社 ウェスタファーム
主な業務精麦製品 製造販売 (醸造用精麦、押麦・ぷちまる君)
飼料製造販売(全麦連)
畜産団体委託加工工場 (全農、全酪、全畜、全開連)
委託精米 変形加工工場
営業倉庫 (八代ふとうサイロ、低温倉庫)

沿革

沿 革
1929年(昭和4年)初代西田清創業。精麦、精米、の加工、米穀、肥料の販売
1941年(昭和16年)統制経済により熊本精麦工業組合設立、加入
1949年(昭和24年)合資会社西田商店設立、個人業務全面引継ぎ
1965年(昭和40年)飼料用大麦の販売加工の併業
1969年(昭和44年)2代目西田満伸社長就任(初代社長死去の為)
1971年(昭和46年)過剰米変形加工工場新設
1973年(昭和48年)西田精麦(株)設立合資会社西田商店を受け継ぐ
1975年(昭和50年)新工場建設工場集約化および業容拡大の為
1979年(昭和54年)長崎税関より第一種承認工場の許可(二種混合飼料)
1980年(昭和55年)西田伸蔵入社
1984年(昭和59年)500Tサイロ4基新設
1985年(昭和60年)食糧庁指定営業倉庫認可
1986年(昭和61年)低温倉庫新設、500Tサイロ 2基増設、自家発電設備設置
1986年(昭和61年)九州運輸局、倉庫業認可
1987年(昭和62年)500Tサイロ2基増設
1988年(昭和63年)低温倉庫増設
1989年(平成1年)500Tサイロ3基増設
1994年(平成6年)八代港に埠頭サイロ新設(1000Tサイロ 15基,6月)
1994年(平成6年)山田先生コンサルタント契約開始(10月)
1995年(平成7年)風の森牧場経営開始
1996年(平成8年)八代港に埠頭サイロ増設(1000Tサイロ15基、6月)
1998年(平成10年)低温倉庫増設(2月完成)低温倉庫食糧庁指定営業倉庫認可(4月)
1999年(平成11年)KJタンク(240t)増設
2000年(平成12年)TDSタンク(320t)、KJタンク(90t)増設
2001年(平成13年)屋外原料タンク新設(500Tサイロ 6基.6月)
満伸社長勇退(8月)【社長→会長・専務→社長】
2002年(平成14年)ぷちまる君販売開始(2月)
牧場肥育牛肉外部販売開始(保健所許可済 3月)
押し麦の包装設備完成(11月)
2002年(平成14年)代替ふすま加工工場に承認(3月)
2003年(平成15年) プロジェクト2005(焼酎カス処理による精麦売上倍増計画)着手
焼酎カスの菌処理プラント及び廃業申請など
2004年(平成16年) 焼酎カス処理施設完成(11月)
(埠頭サイロ敷地内)
産業廃棄物処分業許可証(11月)
産業廃棄物運搬許可(5県)
産業廃棄物処理稼動(11月)
2005年(平成17年) ヌカタンク100t増設(4月)
11号倉庫を低温倉庫へ改築(6月)
搗精新ライン(内麦)増設(9月)
焼酎粕専用タンクローリー車購入(3月)
2006年(平成18年) ヌカボイラー稼動
焼酎カス処理能力アップ
産業廃棄物収集運搬許可(1月)
2007年(平成19年) (株)紫尾ファーム設立(9月)(牧場分社化)
NIR分析機稼動(3月)
押麦用圧力釜設置(3月)
焼酎粕2倍濃縮装置設置(4月)
2008年(平成20年) (株)紫尾ファーム代表者交代(西田伸蔵へ)
サイロ 保税蔵置場許可を受ける(1月)
集中制御室設備完成(3月)
2009年(平成21年) 中間処理業廃止(プラント)(11月)
創業80周年記念式典(10月)
太陽光発電設備完成(2月)
飼料CATOX自動化着手(3月〜)
2010年(平成22年) 飼料CATOX自動化完成(2月)
平成TMR計画始動(〜)

交通アクセス

代表挨拶/理念

西田精麦株式会社

0120-698-905
受付時間 / 9:00-17:00 (土日祝祭休み)

〒866-0034 熊本県八代市新港町2-3-4 TEL:0965-37-1121(代) / FAX:0965-37-1418